5月 19th, 2014

ダイレクトワンにはクイック診断という場所があります。
公式ホームページ内にあるものであり、これは新規申し込みだけではなくオリックス銀行増額の時にも参考にすることができます。

クイック診断というのはつまりは簡易審査。
本審査は通常の申し込みで行われる審査になります。
それを「本」審査というのは、個人信用情報機関に照会をするということ。
簡易審査となるクイック診断は個人信用情報機関に照会することではありませんので匿名で行うことができます。
これが大きな違いです。
個人信用情報機関というのは消費者金融が共有する債務者の債務情報。
それは7年や10年前の履歴も残されている項目もあり、返済が遅れた履歴、債務整理をした経歴、現在申込中の消費者金融や利用中の消費者金融など、ありとあらゆる債務に関わる情報が履歴として共有される場所になります。
実はそこには「申し込みをした」ということも履歴として残ることとなり
、それは新規申し込みも増額申込も同じこと。
申し込みは短期間に重ねてしまえば申し込みブラックとなります。
審査をされるまでもなく「申し込みブラック」のために契約ができないというもの。

簡易診断を利用するのは本審査に進む前に客観的な目安をみてみるというものです。
ダイレクトワンのクイック診断は入力項目が下記になります。

・年齢
・年収
・他社の借り入れ金額

この項目を入力することでクイック診断の結果が出てきます。
目安程度といわずにぜひ利用しておきましょう。

コメントは受け付けていません。
Posted in カードローン |
1月 21st, 2014

カードローンやキャッシングのように借りたお金を自分で自由に使えるものは、借り入れるお金のリミットを設定しその範囲内で自由に借りたり返したりができるようになっています。限度額とはそのリミットの金額のことです。

カードを使って借り入れ、返済が自在にできるので銀行口座のような感覚で使えることが最大のメリットでしょう。限度額の設定によっては、大きな金額をまとめて借りてショッピングに利用することもできますし、(クレジットカードの分割払いよりも金利が低くなることがあります)低めの限度額にしておいて、お給料日の前にちょっと足りないときに利用するという方法をとることもできます。

限度額は金利と密接な関係があり、限度額が高ければ金利は低くなり、限度額が低ければ金利が高くなる即日カードローン審査やローンが一般的です。楽天の専業主婦用カードローンのように、限度額と金利が決まっているものもあります。ただし、この専業主婦の方のためのカードローンの限度額は誰でもいっぱいまで設定できるのではなく、配偶者の方の収入やそれまでの借り入れに応じて、ということになります。

限度額を大きくしたければ、信用を積んでいく必要があります。収入が上がれば限度額も上げることができますが、難しいですよね。限度額を上げたい場合は、返済を遅れずにすることです。返済日にきちんと返していれば、信用が上がっていきます。申し込みの段階では限度額を低めに設定しておいて、後でアップさせるという方法をとる人もいます。

コメントは受け付けていません。
Posted in 消費者金融 |
1月 21st, 2014

恐らくは思っているよりも返済期間がかかっていると感じているはずです。
バンクイック利用当初には返済の計画をしっかりと考えていつまでに返済できるという考えがあったでしょう。
ところがいざ返済となるとあれやこれやと出費が重なり、予定していた返済額通りにはいかないこともあるものです。
一度崩れてしまった計画を立て直すのは難しいもの。
それが綿密であればあるほどです。

借入残高に応じてバンクイックの返済額が変わってきます。
何らかの出費があり、今月は苦しいというときにはその最少返済額を返済しておきましょう。
しかし普段はできる限りの金額を返済していくことをお勧めします。
これが繰り上げ返済です。

例えば20万円の借り入れの時には返済額が4,000円となります。
非常に小さな金額になりますので用意できない金額ではないでしょう。
しかしこの金額をちまちまと返済していたのでは返済期間が長くなることは間違いありません。
単純計算をしてもわかるもの。
20万円を4千円ずつ返済する、そんな小さなことでは道のりが遠くなるものです。

1万円が用意できるのであればその1万円をその月の返済額に用意しましょう。
2万円でも3万円でも、生活に支障がないのであればできるだけ多い金額にした置くべきです。
毎月一定の返済額を計画しておくのも悪いものではありませんが、無理のない金額にするために臨機応変にすること、それでもバンクイックの返済は終わらせることができるでしょう。

コメントは受け付けていません。
Posted in 消費者金融 |
6月 14th, 2013

家電製品などでもあることですが、日本製で大手でしかも有名なメーカーしか買わない、使わないといった人たち、逆に海外製品でも商品の品質が良くて、尚安ければ良いとして内容で買ったり使ったりする人たちなど、両方が存在します。好みの問題もありますが、買うこと使うことに関して、どちらかの意思や、安心という思い込みも含まれます。

家電製品でもこういったことがあるので、お金関連では更に意見が違ってくる場合も多いでしょう。最終的に判断するのは消費者なので、どれが良いかなどは本人の気持ち次第です。このお金関連で言うと、おばあちゃんにお金を借りることも同じことが言えます。どれが正しいのかをハッキリと説明で言える人は少ないと思います。

家電製品を借り入れで言えば、大手で有名な消費者金融なのか、それとも内容重視で小さくても本人が納得すれば良いのかが、意見が違ってくるということです。大手=安心=内容も良いと思い込んでいる人も居る様ですが、そうとも限らないのが借り入れの世界です。実際に内容が他社のあまり有名ではないところの方が良い可能性だってあるのです。

勿論大手でも内容が良ければそれで構わないと思います。借り入れで必要なのは内容重視といったところでしょう。まず大切なのは自分の欲しているものに合っている内容かを見極めることです。それで内容に納得がいけば、大手、小規模はあまり関係ないかもしれません。日本人は特に思い込みというのが激しいので、もうちょっと冷静になって柔軟に内容を考えて決めましょう。

コメントは受け付けていません。
Posted in 消費者金融 |